職場で新型コロナウイルスに感染した場合、労災対象になる?

新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらず、顧問先様より問合せがありますのでこちらでも共有いたします。

職場で新型コロナウイルスに感染した場合、それが業務によって感染した場合は、労災保険給付の対象となります。

対象となるのは次の通りです。

■感染経路が業務によることが明らかな場合

■感染経路が不明の場合でも、感染リスクが高い業務に従事し、それにより感染した蓋然性が高い場合

■医師、看護師や看護の業務に従事される方々については、業務外で感染したことが明らかな場合を除き、原則として対象

令和3年9月3日18時時点によりますと、新型コロナウイルス感染症に関する労災請求件数等は、請求件数は17,182件で決定件数は13,546件となっています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000627234.pdf

 

ワクチン接種をした方も増えてきておりますが、感染防止に留意してすごしましょう。

その上で業務上で感染した場合は、労災請求の対象となることがありますので、適切に対応していきましょう。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_

00018.html

新型コロナの労災

^